2018年10月5日金曜日

演奏会のアンケート!

ご来場いただいたお客様にご記入いただいております
アンケート、全て目を通させていただきましたm(_ _)m

アンケート係とホームページ係の団員が、
アンケートを団員専用ページで見られるようにしてくれています。

本当にいつも温かいお言葉をいただき団員も喜んでいると思います。
演奏会での改善した方が良い点などもご記入いただき感謝いたします。

今後も皆様に楽しんでいただける演奏会になるよう、
より一層の努力をしていかなければと
アンケートを見て気持ちを引き締めております。

何年も太田フィルの演奏会にご来場いただいているお客様、
初めてご来場いただいたお客様、
皆様が演奏を聴いた感想を心を込めて書いてくださって
読ませていただく私も感動します。

一生懸命に練習してきたことは、無駄ではなかったのだな~と
間違いや上手く演奏できなかったところは、多々あると思うのですが、
それだけではない何かを感じてくださる、
太田フィルの演奏を良かったと褒めてくださるお客様がいらっしゃる、
それが私達団員の心の拠り所になっていると思います。
また、次はもっといい演奏をしよう!という
モチベーションの維持につながることと思います。

指揮の直井先生やソリストの森田先生も
打ち上げの席でアンケートをご覧になっていただけているはずです。
沢山のブラボー!ありがとうございました。

本当に、本当にありがとうございます!!

これからも太田フィルハーモニー交響楽団をご贔屓いただけますよう
心よりお願い申し上げます。


さて、次の演奏会の練習が金曜日(今日だ!)から始まります。
春のファミリーコンサートに向けて、楽しい曲が盛りだくさんです。

団員として一緒に演奏しませんか?
特に弦楽器・・・昔やっていたけれど、しばらく弾いていないから・・・
一緒に練習しましょう!
練習が始まるこの時期は、入団の好機ですよ~。
是非、見学に来てくださ~い。
お待ちいたしております!!

ホームページに募集パートなどの詳細がございます。
見学希望のメール、お待ちいたしておりますよ!

2018年9月30日日曜日

はい、打ち上げで~す!!

今回は演奏会が終わって舞台を撤収した後からだったので、
始まりが遅かったにもかかわらず、
47名(エキストラさん含む)参加いただきました。
20周年記念ということもあり、
是非エキストラの皆さんにも参加してくださいと
お声をかけた成果が出ていますね。
打ち上げ係の皆さん、たくさん参加していただけて良かったですね。
そして、お疲れ様でした。

直井先生、森田先生には、二次会までお付き合いをいただき
心から感謝申し上げます。
翌日、お仕事でしたのに遅くまでありがとうございました。

ちなみに二次会は、17名(先生方を含め)の参加がありました。
二次会もたくさん残っていただいてありがとうございました。
楽しかったですね。
演奏会の後の打ち上げは、本当に楽しいです!!

その様子を何枚か、ご紹介させていただきます。





演奏会の講評??を聞くのも楽しみのひとつとなっております。
直井先生ありがとうございました。

森田先生からもご挨拶をいただきました。大変ありがとうございました。

直井先生、森田先生、今後、益々のご活躍をお祈り申し上げます。
そして、また機会がございましたら、ご指導お願い申し上げます。

2018年9月29日土曜日

アンコール! アンネン・ポルカ

1年頑張った20周年記念演奏会
最後の曲です。

ヨハン・シュトラウス2世のアンネン・ポルカでした。


今回の演奏会のアンコール曲
初めて、指揮者の直井先生とソリストの森田先生に
サインをしていただき掲示してみました。
太田フィルの永久保存版となりますね。
















ご来場いただきました、たくさんのお客様、大変ありがとうございました。
夜公演で、しかもボリュームたっぷりの楽曲だったので
終演が遅い時間になってしまいましたが、お楽しみいただけましたでしょうか。

次の公演は、来年の4月7日(日)14:00開演で
新しい太田市民会館での2019ファミリーコンサートとなります。

また、太田市民会館で皆様とお会いできることを楽しみにいたしております。



追伸:みんなの公演情報の優待券をお申込みいただいたお客様へ

今回2名様にお申込みいただいておりましたが、
終演後確認したところ、受付にチケットが残っておりました。
都合が悪くなって、ご来場いただけなかったのか?
それともこちらの不手際で、お渡しすることが出来なかったのか・・・。
直接ご連絡を取ることができないシステムになったので、
もしも、不手際でお手元にチケットが渡らなかったということであれば
この場をお借りして、お詫び申し上げなければと思い書かせていただきました。
本当に申し訳ございませんでした。
また、是非お申込みいただき足をお運びいただければ幸いでございます。

交響曲第1番

メインプログラムのマーラー交響曲第1番です。

特殊楽器に2セットのティンパニなど、編成も大きくて、
記念演奏会だからこそ取り上げられたプログラムですが、
大曲であり、そして難曲でもありました。

技術も必要であり、アンサンブル力も必要、
複雑なハーモニーを綺麗に響かせる音程も大切でした。
抑揚もきちんとつけなければ、良い音楽になりません。
作曲者マーラーのたくさんの指示、楽譜との格闘(;^_^A

指揮の直井先生からのご指導がたくさん書き込まれた楽譜を見ると
頑張ったな~と思います。

創立10周年の時も大編成の楽曲でしたが、
今回も舞台にいっぱいの大オーケストラになりました。
 
強化練習 マーラー編のブログに書いた
マーラーさんのサプライズのひとつ。
曲の始まりにトランペット奏者がいない・・・
のではなく、舞台裏でモニターを見ながら吹いていました。
舞台の上からではなく、遠くから響くTp.の音が
おわかりになりましたでしょうか?
途中で舞台の座席に座ったのは、わかりましたか?
残念ながら、私はトランペットの皆さんより前に座っているので
途中で入場してきたところは見られませんでしたが・・・。
 
ティンパニ奏者が2人います。打楽器もたくさん並んでいますね。
 
そして、サプライズのもうひとつは、これでした!
 

ホルン7人とバンダのトランペット奏者とトロンボーン奏者が立奏しています。
ちょっと全体的に写真をソフト加工しておりますが、
9人立っているのがおわかりになりますでしょうか?
ヴァイオリンの団員が、ホルンが立って吹く時、
後ろ見ていい?というんですが、恥ずかしいからダメと断りました。
っていうか、演奏中に後ろ向いちゃダメでしょ~(;^ω^)
何とかこの部分、頑張って暗譜して吹けました。
 

 
マーラー、終わってしまいましたね。
嬉しいような、寂しいような・・・。
もっとうまく吹きたかったな~と思うのは、演奏会のたびに思うことですが、
そう思うことなく、やり切った~と思える日が来るのでしょうか。
 
お恥ずかしながら、直井先生への花束贈呈を仰せつかり。
 
恥ずかしいので、ソフト加工していますが、
写真で見たら、皆さんの笑顔が素敵でした。
何か可笑しかったんでしょうか(^^ゞ
 
大役を仰せつかったため、舞台袖へ下がるタイミングが早すぎて、
パート毎に立たせていただいた時に、私いませんでした(´;ω;`)ウゥゥ
何となくそんなことになりそうな予感はしていましたが(笑)
7人で立ったらカッコ良かっただろうな~。
一度戻ればよかったか~?
と思ったのは、写真を見てから。
気づくの遅すぎですね(>_<)
 
ですが、お世話になった直井先生に花束を渡せて嬉しかったです。

ピアノ協奏曲第5番「皇帝」

ソリストの森田義史氏によるコンチェルトです。
素晴らしい演奏をありがとうございました。






たくさんの拍手に迎えられ、カーテンコール


 
そして、アンコールを2曲も披露していただきました。
なんと、モーツァルトのトルコ行進曲(JAZZ編)!
 
 
更にショパンの革命のエチュード!!
お客様だけでなく、団員も贅沢な時間を堪能させていただきました。
 


最年少団員のYちゃんが花束ガールをつとめます。
そんな彼女も高校生になりました。
森田先生は、小さいYちゃんの目線に合わせてくださっていました。
ジェントルマンですね~。
森田先生、大変ありがとうございました。